阪大将棋部 雑兵日記

明道館 雑兵共の 夢の跡
春期一軍戦振り返りと富士通杯に向けて
0

    主将の百々です。

    2018年春期一軍戦の結果を報告させていただきます。

    以下各対局の振り返りです。


    vs大阪市立大学 4-3

    藤井-岡()

    宮屋敷-辻(×)

    香月-山口()

    百々-坂本(×)

    矢野-仲村()

    水谷-下西(×)

    白井-仲摩()


    オーダーが出たとこ勝負になる第1局。対坂本氏、下西氏の46将戦が頑張り所、副将戦が勝負所。

    初戦というのもあってか苦戦していた中、チームのムードメーカー香月の勝利が流れを変えた。

    最後に3-3の場面で最年長の矢野が勝ちきりチームは勝利。


    vs神戸大学 4-3

    武内-古田(×)

    藤井-布本()

    香月-白河原()

    百々-田和()

    矢野-名和(×)

    水谷-山本理()

    白井-井上(×)


    前局でつくった良い流れのまま第2局へ。

    良い意味でも悪い意味でも結果の読めないルーキーを多用したのは上回生を信頼してのこと。

    チームとしては田和氏、白河原氏の34将戦で上回生がきちんと勝ったのが大きかったです。


    vs京都大学 1-6

    武内-細川(×)

    藤井-野末()

    香月-吉村(×)

    百々-河合(×)

    矢野-藤島(×)

    水谷-酒向(×)

    白井-宮越(×)


    因縁の京都大学との第3局。

    現状の最高戦力で対応。

    各々奮闘し、特に大、副、46将戦が優勢だと控室が沸き立ったものの結果として一勝。

    勝負弱さが目立った対局でした。


    vs近畿大学 6-1

    笠原-大路()

    藤井-井上()

    大中-金川()

    大河内-塩崎(×)

    百々-能登()

    水谷-福井()

    白井-中深()


    前局の悔しさを糧に一週間研鑽して臨んだ第4局。

    本局では、3年間一軍戦メンバーを目指し結果を重ね続けた大河内を初起用。

    大河内は奮闘実らず敗れたが、いつも通りの力強い指し回しと対局姿の影響かルーキー笠原を含む他全員が勝利。


    vs立命館大学 2-5

    武内-宇城()

    藤井-小林(×)

    香月-阪本(×)

    百々-銭本(×)

    矢野-木村孝(×)

    笹井-川又(×)

    松井-角田()


    富士通杯三連覇中の王者立命館大学との第5局。

    ここまでチームを支えてきた上回生組は立命館上位層に4タテ。

    力の差を痛感しました。

    そんな中で、経験は浅いものの上回生からの期待度が高い松井とルーキー武内が堂々の白星。


    2代表決定戦vs同志社大学 3-2

    武内-砂田(×)

    大中-松浦()

    藤井-森田(×)

    水谷-勝本()

    百々-山口()


    五人制となり、11局が重くなる第2代表決定戦。

    勝負強いメンバーを起用しました。

    前立命館戦で大熱戦を繰り広げた藤井・武内の負けをカバーするように水谷・大中がきちんと勝ちきり3-2で勝利。


    2代表決定戦vs京都大学 3-2

    大中-細川()

    藤井-河合()

    水谷-小林()

    白井-宮越(×)

    百々-吉村(×)


    全てが決まる第2代表決定戦。

    5局とも当然難解な将棋に。

    ルーキー白井は2週前に負けている相手との再戦。

    粘り強く手堅い指しまわしで奮闘するも惜敗。

    主将としてあるまじき負けも重なり0-2に。

    流れが悪いこの場面でエース大中が、これまで個人成績全敗の細川氏に勝利。

    続いて全局出場しチームを支えてきた阪大の大黒柱、藤井も強豪河合氏に勝利。

    2-2で残った水谷、京大主将小林氏を相手に勝勢に。そこから崩れかけるものの持ち直して勝ち切る。

    3-2でチーム勝利。

    10年ぶりの富士通杯関西代表となりました。


    以下総括です。

    直接的な勝因は


    ・勝つべき相手にきちんと勝つこと


    ・自分の将棋を指すこと


    が出来ていた選手が多かったこと、

    間接的な勝因は


    ・選手の育成環境(充実したデータや書籍、レベルの高い対局相手、モチベーションを高めてくれた学内外の仲間・OBさんなど)がここ数年特に充実していたこと


    ・当日のムードを保ち緊張を和らげ、オーダー考案、棋譜収集、戦型チェックなどのサポートをしてくれた部員達の存在


    であると考えています。


    さまざまな形でサポートしてくださった部員・OBのみなさん、本当にありがとうございました。


    最後に、今年のメンバーは雰囲気・チームワークは抜群に良いですが、棋力はここ数年で最弱レベルだと感じます。

    それでも代表をとれたのは先輩方が精神的なものであったり、具体的な技術であったり様々なものを時間と苦労を重ねて引き継いてくださったためだと思います。

    ここで一度代表を取れたからといって調子に乗らず、自分達の実力をきちんと弁えて謙虚に努力する姿勢を大切にしたいです。

    富士通杯だけでなく秋期一軍戦まで見据えて、今回の一軍戦で露呈したそれぞれの課題を解消することをはじめの一歩として、勝つために、先輩方が引き継いできたものを自分達もまた引き継ぐために頑張っていきます。


    応援よろしくお願いします。

    | 阪大将棋部♪ | 一軍戦結果など | 16:25 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    第二代表決定戦 結果
    0

      主将の藤井です。11/26に行われた第二代表決定戦の結果です。

      (敬称略、阪大が左)

       

      対京都大学

      矢野智―村上 (○)

      坪井―細川  (○)

      香月―河合  (●)

      大中―宮越  (○)

      藤井―林   (●)

      百々―小林  (●)

      玉柏―金谷  (●)

       

      惜しくも3-4負けで、王座戦出場を逃しました。

      完全に総力戦で、十分勝機もあっただけに本当に残念です。

       

      今回の一軍戦を振り返っていきます。

      初日は主力も数名不在の中、3連勝と快調な出だしでした。

      特に京都大学に勝利したのは賞賛に値するでしょう。

      全員が普段以上の力が発揮していて、非常に頼もしかったです。

       

      このため、2日目の初戦立命戦は、勝てば優勝に大きく近づく大一番となりました。

      オーダーは少し予想が外れましたが、1,6,7将で見事3勝をあげて、あとは僕が勝てばチーム勝ちの状況になっていたそうですが(対局後知りました)、あと一歩及ばず3-4負け。

      1勝の差で代表を逃すとは…改めて1勝の重みを感じましたね。

      しかし、ここまで追い込めたのは相当自信に繋がったのではないでしょうか。

      次の市大戦は5-2と危なげなく勝ちA級2位となり(4年ぶりだそうです)、お馴染みの第二代表決定戦に進み、再び京大と代表権を争うことに。

       

      今回は1度京大に勝利しているので、相手も本気でくるだろうとは思っていました。オーダーは予想通りで、かなり最善に近い当たりだと感じました。(結果的には下の方を少し変えていれば…という気持ちはありますが)

      結果は1,2,4将勝ちの3-4負け。惜しかったですが、本当にみんな強いなあ…と思いました。この1局に賭ける思いが伝わってきました。勝勢の将棋を1手で台無しにした自分が情けないです。

       

      二度の勝負所で敗れ、王座戦代表は逃しましたが、いつもの一軍戦以上に収穫があったのではないか思います。今回ほぼフルで出てもらった人、1局程度しか出せなかった人もいますが、各々何か感じ取ったものがあると思うので、その気持ちを忘れず、また次の大会に向けて頑張りましょう。

      | 阪大将棋部♪ | 一軍戦結果など | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      秋期一軍戦
      0

        主将の藤井です。11/5,12に行われた一軍戦の結果報告です。

        (以下敬称略, 阪大が左)

         

        1回戦 神戸大学

        矢野智―古田 (○)

        玉柏―白河原 (○)

        藤井―田和  (○)

        百々―藤井  (○)

        宮屋敷―名和 (●)

        香月―熊本  (○)

        鈴置―井上  (●) 5-2 勝ち

         

        2回戦 同志社大学

        矢野智―松浦 (●)

        玉柏―川名  (○)

        藤井―砂田  (○)

        百々―勝本  (●)

        松井―千代  (○)

        香月―山口  (○)

        大中―森田  (○) 5-2 勝ち

         

        3回戦 京都大学

        矢野智―宮越 (○)

        野村―金谷  (●)

        玉柏―村上  (○)

        藤井―青木  (○)

        百々―林   (●)

        香月―細川  (●)

        大中―河合  (○) 4-3 勝ち

         

        4回戦 立命館大学

        矢野智―阿部 (○)

        坪井―新貝  (●)

        玉柏―銭本  (●)

        藤井―櫻井  (●)

        平尾―小林  (●)

        香月―大平  (○)

        大中―山本  (○) 3-4 負け

         

        5回戦 大阪市立大学

        坪井―辻   (○)

        玉柏―松本  (○)

        藤井―下西  (○)

        百々―櫛谷  (○)

        平尾―坂本  (●)

        香月―中屋  (○)

        大中―仲摩  (●) 5-2 勝ち

         

        結果は4-1(22-13)でA級2位となり、第二代表決定戦に進みました。

         

        第二代表決定戦1回戦 大阪経済法科大学

        矢野智―千種 (●)

        坪井―杉村  (●)

        香月―山村  (○)

        大中―西田  (○)

        鈴置―中司  (○)

        藤井―前田  (○)

        玉柏―玉置  (○) 5-2 勝ち

         

        ということで、第二代表決勝は再び京都大学と対戦することになりました。

        今のチームの調子は非常に良いので、このまま維持していきたいと思います。

         

        部員一同、総力を挙げて王座戦出場権を勝ち取りにいきますので、応援よろしくお願いします。

        | 阪大将棋部♪ | 一軍戦結果など | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        第二代表決定戦と一軍戦総括
        0

          主将の藤井です。

          遅くなりましたが、先日行われた第二代表決定戦決勝の結果です。

           

          (以下敬称略)

          第二代表決定戦決勝戦

          vs 京都大学

            大中 ー 細川 ○

            坪井 ー 林  ○

          ○ 藤井 ー 河合

            平尾 ー 宮越 ○

            玉柏 ー 村上 ○

          1-4 負け

           

          となり、全国大会には進めませんでした。

          西日本大会に出場することになります。

           

          さて、今回の一軍戦を簡単に振り返ってみたいと思います。

          昨年の春の一軍戦はB級に降格という酷い結果でしたが、秋の一軍戦でA級に復帰し、今回はその過ちを繰り返すまいという気持ちで臨みました。またそれと同時に、今年の戦力を考えると、代表を獲得するチャンスも十分にあると考えていました。

          初戦、2戦目の京大、立命館大戦は完敗となりましたが、結果的に見るとオーダー次第では勝ちも普通にあり得たので、もう少し慎重にオーダーを考えるべきでした。3戦目、4戦目の龍谷大戦、市大戦では新入生にも出場機会を与えることができ、危なげなく5-2で勝つことができたので、ある程度の余裕があったのは良かったと思います。5戦目の神大戦は総力戦となりましたが、オーダーも上手くいき、望外の5-2で勝てたのは素晴らしかったです。

           

          第二代表1回戦の同志社戦は相手のエースを刺すつもりで当てにいきましたが、私自身が仕事をできず、3-2と辛勝になってしまったのは反省点です。そして第二代表決勝の京大との再戦ですが、相手のオーダーを記録しておらず、誰と当たるか全く確信を持てないまま当日を迎えるというまずい事態もあり...。結果的に当たりはやや分が悪い気がしましたが、それでも接戦になると思っていました。しかしやはり相手のほうが一枚上手で、終わってみれば1-4の完敗でした。

           

          ということで、今回の一軍戦も代表を獲得できなかったわけですが、このままいけば秋の一軍戦も代表を獲るのは厳しいような気がします。安定して勝っている京都大学、立命館大学は層が厚いのはもちろんそうなのですが、やはり将棋に対して真摯に向き合っている人が多いです。周りから見ると大してやってないように見える人(やや失礼か)でも、見てないところで必ず努力しています。勝負事はやはり勝たないと楽しくないと思いますし、一応部活動なので、やるからには大会で勝つことを目標としてもらいたいというのが願いです。そのためには、他の人よりも将棋に多く時間を費やし、かつ正しい勉強法を行う必要があるのではないかと思います。秋の一軍戦までには、今回の悔しさをバネに1人1人がもっとレベルアップしてほしいと思っています。特に1回生には、今回より多くメンバー入りすることを期待しています。

           

          これでしばらくの間大会はありませんが、夏休みには、西日本大会の前に他大との交流戦も盛んに行う予定ですので、積極的に参加してもらえればと思います。

           

          以上で一軍戦の総括を終わります。

          | 阪大将棋部♪ | 一軍戦結果など | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          春期一軍戦 (2日目)
          0

            主将の藤井です。

            昨日同志社大学にて行われた一軍戦2日目の結果です。

             

            (以下敬称略)

            4回戦

            vs 大阪市立大学

              野村 ー 辻  ○

            ○ 大中 ー 坂本

            ○ 平尾 ー 岡

            ○ 中尾 ー 仲摩

              藤井 ー 下西 ○

            ○ 矢野智 ー 福田

            ○ 玉柏 ー 太田

            5-2 勝ち

             

            5回戦

            vs 神戸大学

            ○ 大中 ー 熊本

            ○ 平尾 ー 井上

            ○ 鈴置 ー 名和

            ○ 藤井 ー 田和

              矢野智 ー 白河原 ○

            ○ 玉柏 ー 藤井

              大谷康 ー 米澤 ○

            5-2 勝ち

             

            この結果、3勝2敗(勝ち数は19-16)となり、A級3位となりました。

            引き続き第二代表決定戦の1回戦が行われました。

             

            第二代表決定戦1回戦

            vs 同志社大学

              矢野智 ー 森田 ○

            ○ 大中 ー 山口

              藤井 ー 砂田 ○

            ○ 玉柏 ー 勝本

            ○ 百々 ー 松浦

            3-2 勝ち

             

            と、僅差でしたが勝つことができました。

            第二代表決定戦決勝は、7/2(日)に龍谷大学で行われます。

            相手は京都大学です。手強い相手ですが、全力で勝ちにいきたいと思います。

            応援よろしくお願いします。

             

            | 阪大将棋部♪ | 一軍戦結果など | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            春期一軍戦(1日目)
            0

              こんばんは。主将の藤井です。

              今日同志社大学にて行われた一軍戦の結果を書いておきます。

               

               

              1回戦

              vs 京都大学

               

                香月 ー 河合 ○

                大中 ー 金谷 ○

              ○ 平尾 ー 細川

                鈴置 ー 林  ○

                藤井 ー 宮越 ○

                矢野智 ー 村上 ○

              ○ 玉柏 ー 野末

               

              2-5 負け

               

               

               

              2回戦

              vs 立命館大学

               

                香月 ー 駒林 ○

                大中 ー 銭本 ○

                百々 ー 川又 ○

                中尾 ー 宇城 ○

              ○ 藤井 ー 新貝

                矢野智 ー 長森 ○

              ○ 玉柏 ー 小林

               

              2-5 負け

               

               

               

              3回戦

              vs 龍谷大学

               

              ○ 大中 ー 葉狩

                百々 ー 高山 ○

              ○ 平尾 ー 筧

                松井 ー 佐々木 ○

              ○ 藤井 ー 山田

              ○ 矢野智 ー 荒木

              ○ 玉柏 ー松本

               

              5-2 勝ち

               

               

               

              ということで、1日目は1勝2敗でした。

              選手の皆さん、棋譜取りのみなさん、お疲れ様でした。

              今日はゆっくり休んでください。

              総括等は、すべて終わったあとに書くことにします。

               

               

              来週は大阪市立大学、神戸大学との対戦になりますが、

              2連勝して第二代表決定戦に進めるように頑張りましょう。

              | 阪大将棋部♪ | 一軍戦結果など | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              秋期一軍戦総括
              0

                こんにちは。主将の坪井です。

                先日行われました、第二代表決定戦の結果を報告させていただきます。

                 

                第二代表決定戦vs京都大学(偶数先)

                大 坪井−長屋  (○)

                副 中尾−林   (●)

                三 矢野智−河合 (●)

                四 大谷洸−小林 (●)

                五 藤井−柴田  (●)

                六 大谷康−村上 (●)

                七 百々―金谷  (●)

                16負け。

                 

                自力の差を見せられ、完敗だったと思います。

                全国への壁の高さを改めて思い知らされました。

                 

                この秋の一軍戦を振り返ると、春の反省を活かしチームとしてよく戦えていたように思いました。今年のチームの大きな特徴としてはメンバーの実力差がそこまでないということです。去年までは出ている7、8人の力が抜けているが他の人とは実力差があってオーダーが固定的になったり、温度差もあったりしました。その点、今年は出せる人が多く、オーダー作成の時は非常に悩みました。特に秋は(B級に落ちたのもあるが)誰を出しても勝ってくれそうと安心して戦うことができました。

                 

                来年の課題も明らかになりました。今年のチームは三回生中心だということです。

                実際、春は11人、秋は9人が三回生です。その三回生も来年は四回生となり就活や院試、研究室等で忙しくなることでしょう。十分な調整はできないかもしれません。

                今の一、二回生がどれだけ強くなるか、三回生の壁を打ち破れるか。それが

                私が最後の年で見たいと思っているものです。我々の世代は大会(一般大会や二軍戦等)で豊富な経験を積み、本を読んでコツコツとやってきました。そのおかげで一、二年のころよりも各々がはるかに強くなったと思っています。特に中尾、大谷康、矢野暁の成長には目を見張るものがありました。あとは春までに後輩達をどこまで鍛えられるか。我々に課せられた最後の課題だと思っています。

                 

                一、二回生の方はまず、大会に出ることから始めてください。

                自分には実力的に足りないと思っていてもかまいません。大会の雰囲気を知るということだけでも大きな価値があります。今回初めて一軍戦に出た方も感じたと思うのですが、実際に出るのと見るのでは大きな差があります。参加しないとわからないこと、見えてこないことがあると思います。しばらくは大きな大会がないですが、二月、三月にはクラブカップやキリン、最強戦など多くの大会があります。それらの大会を目標に定め、この冬を有意義に過ごしてください。

                 

                今年中には主将引退記として、私個人の振り返りをしたいと思います。

                最後になりましたが、応援していただいたOBの皆さま、棋譜取りをはじめとして一緒戦ってくれた部員の皆さまには心より御礼申し上げます。

                | 阪大将棋部♪ | 一軍戦結果など | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                一軍戦二日目
                0

                  こんにちは。主将の坪井です。先日行われました一軍戦二日目の結果報告をさせていただきます。今日は第二代表、そしてA級復帰を狙ううえで大事な一日でした。初戦の龍谷戦が今後を決める大事な一戦となりました。

                   

                  四回戦 vs龍谷大学

                   

                  大 大谷洸―荒木  (○)

                  副 定田―松本   (○)

                  三 藤井―佐々木  (○)

                  四 中尾―小林   (●)

                  五 鈴置―村上   (●)

                  六 坪井―筧    (○)

                  七 玉柏―高山   (○)

                  チームは52で勝ち。

                  終了後、理事の指摘により、相手の方が一人遅刻をしていたので反則勝ちとなり70扱いになりました。結果はともあれ内容的には34の時もあったのは反省点。この対局後、勝ち数によりチームの一位が確定しました。

                   

                  五回戦 vs近畿大学

                  大 百々―大坊   (○)

                  副 足立―杉村   (●)

                  三 鈴置―嶋田   (○)

                  四 藤原聖―辻   (○)

                  五 香月―長澤   (●)

                  六 矢野智―能登  (○)

                  七 矢野暁―福井  (○)

                  チームは52で勝ち。

                  ルーキーが三人とも勝ってくれたのが大きかったです。少しは自信をつけられたのではないでしょうか。次につながる大きな勝利だと思います。第二代表一回戦はおなじみの神戸大との対決になりました。

                   

                  第二代表一回戦 vs神戸大学

                  大 坪井―奥田  (●)

                  副 矢野暁―熊本 (○)

                  三 中尾―山根  (●)

                  四 大谷洸―橋本 (○)

                  五 藤井―名和  (○)

                  六 大谷康−藤井 (○)

                  七 玉柏―平川  (○)

                  チームは52で勝ち。

                   

                  勝負所で各々の選手が勝ったのが大きかったです。春の失敗を克服し、借りを返すことができました。今日一日を振り返るとやはり初日での勝ち数の貯金が大きかったと思います。そのおかげで今日は各々の選手に余裕が生まれ、対局中に実力を十分に発揮できたのが勝因の一つだと思いました。

                   

                   

                  棋譜をとっていただいた部員の方々、しっかりと勝ってくれた選手の方々および応援していただいた方々には心より感謝申し上げます。次は因縁の京都大学との対決です。伝統を覆すにはそれなりの努力が必要だと思います。(今のところ主将として、一選手として仕事できていない自分が言うのもなんですが) この一週間でどこまでできるか。選手もそうでない部員も、「自分はやれるだけのことはやってもう十分だ」と言えるような一週間を過ごされることを願っています。

                  | 阪大将棋部♪ | 一軍戦結果など | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  秋期一軍戦初日
                  0

                    秋期一軍戦初日

                     

                    こんにちは。主将の坪井です。

                    先日龍谷大学で行われました一軍戦の結果を報告させていただきます。

                     

                    一回戦 vs大阪府立大学

                    相手の都合により不戦勝

                     

                    二回戦vs関西学院大学 61で勝ち(偶数先)

                     

                    大 大谷洸−岩瀬   (○)

                    副 藤井―光本    (○)

                    三 鈴置―芦北    (●)

                    四 坪井―松吉    (○)

                    五 大谷康−佐々木  (○)

                    六 玉柏―岡本    (○)

                    七 矢野智―小野   (○)

                     

                    ルーキーの鈴置君が強敵を相手に落ち着いた指しまわしをしていたのが印象的でした。結果はともあれ、デビュー戦だとは思えない雰囲気が出ていたと思います。今後の活躍を期待しています。チームとしては大将と五将できっちり勝ってくれたのが大きかったと思います。

                     

                    三回戦vs 桃山学院大学 61で勝ち(奇数先)

                     

                    大 大谷洸−米澤   (○)

                    副 藤井―高原    (○)

                    三 百々―岡野    (○)

                    四 中尾―杉本    (○)

                    五 坪井―中川    (○)

                    六 玉柏―山田    (●)

                    七 香月―泉本    (○)

                     

                     

                    チームとしてはまずまずの出だしでした。ただ私自身も含め、内容があまり良くないところがあったのがすこし気がかりです。今日の内容では次の相手には通用しません。選手は勝っても負けても振り返ってみていい将棋だったと思えるような将棋を目指してください。

                    結果は自然ととついてくると思っています。

                    来週は龍谷大学と近畿大学と対局し、第二代表を目指します。集中力を切らさないよう部員一同頑張りますので応援よろしくお願いします。

                    | 阪大将棋部♪ | 一軍戦結果など | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    春期一軍戦総括
                    0

                      主将の坪井です。一軍戦の総括をしたいと思います。

                      エース二人が抜けたものの周りの大学の戦力も変わっているので勝負になると思っていたのですが、結果はB級に降級という酷いものでした。

                      どうしてこのような事態に陥ったのか、自分なりに分析してみました。

                      原因は大きく分けて3つあります。

                       

                      一つ目は、現状の認識が不十分だったことです。(これは主に私個人の問題ですが)今回、私は抜けられた先輩の代わりを務めようとしましたが、実際棋力的にも、指導役としてもその代わりを務められてはいないと思いました。オーダーに関してもこの当たりなら互角くらいはあると甘く見ていた部分はあったうえ、相手チームの戦力の把握もあまりできていませんでした。思わぬ伏兵によって苦戦を強いられた時もありました。今年は状況が異なり、今までのやり方では支障が出てくると考えられます。普段の活動から見直していく事が必要だと思いました。

                       

                      二つ目は、選手の明らかな準備不足です。我々の武器の一つは毎回多くの部員の棋譜取りによる大量のデータです。今まで、戦力的に勝る強豪校に対し、そのデータを活かした事前研究によって実力差をカバーして互角に戦ってきたと思います。果たして今回それができていたのだろうか。苦手な戦型があるのにそのままにしてはいなかっただろうか。

                      選手は自分自身に問いかけてみてほしいです。ここ数年は事前研究をしてきても全国への道は遠かったのに、今は弱体化しているのにも関わらず我々の武器を放棄していては勝てないのも無理はないし、棋譜を取っていただいた部員に申し訳ないと思います。

                       

                      最後は、勝利への執着心です。たとえ負けていても必死に粘ったり、ギリギリまで必死に考えたりする。優勢な将棋は焦って攻めずに落ち着いて指す。今回この姿勢で臨むことができていたのでしょうか。もっともこれは主に経験を積むことで身についていく事であり、経験不足からくる問題だと思っています。普段の練習から真剣に指す機会を増やし、交流戦や大会へ参加して経験を積むことでしか解決できない問題でしょう。

                       

                      今、部はがけっぷちの状況にあります。私自身引き締め役として不十分で、部をしっかりとまとめられていませんでした。幸いなことに今年の部の雰囲気は部員同士の仲がよく、例年より縦の結びつきも強いと思います。このピンチを部員一丸となって乗り越えていきましょう。このような事態を二度と繰り返さないためにも…

                       

                      同期へ。おそらく多くの人は将棋に真剣に打ち込めるのは今年まででしょう。「もうやれるだけのことはやった。悔いはない」といえるような充実した一年間にしていきましょう。

                      1、2回生へ。まずは周りにいる3回生を倒して強くなってください。3回生の世代は将棋への意欲が高く、一回生のころから大会や交流戦にもよく出て経験を積んでいるので手強いです。(この春のレギュラー14人中11人が3回生なのがその最たる例)しかし、その3回生も来年には忙しくなり、あまり頼りにできない状況になります。その時にチームを引っ張るのは誰なのでしょうか。秋に向けたレギュラー争いはすでに始まっています。

                      秋のレギュラーには3回生が何人いるのでしょうか。熾烈なレギュラー争いを期待しています。

                      | 阪大将棋部♪ | 一軍戦結果など | 20:11 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      + PR
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE