阪大将棋部 雑兵日記

明道館 雑兵共の 夢の跡
<< 将棋部とは | main | 2017年 冬合宿レポート >>
振り返り
0

    こんにちは。元主将の坪井です。

    遅くなりましたが、個人的な振り返りをしたいと思います。

     

    二年の冬の頃。一軍戦にはすべて出させていただいたが、大きく負け越していました。次の主将になることが決まっていたが、前主将もまたその前の主将も輝かしい成績を収めていたこともあって、自分に務まるかどうか不安しかありませんでした。主将の仕事は何なのか、まずはそれを考えることにしました。

    (1)部をまとめる

    (2)部全体の棋力の向上

    (3)オーダー作り

    (4)部の代表としての事務的な仕事

     

    まずこれらが思い浮かびました。これらを行い、一軍戦での勝利を目指すことが目標だと考えていました。しかし、ここでふと疑問が生じました。部には部長もいて、仕事の内容も被っています。オーダー作りも正直、得意な人に任せてしまってもそこまで問題がないように見えます。オーダーだけなら私よりも明らかに他の同期のほうが適任です。自分の仕事は何なのだろうか。一軍戦で勝つためには何が必要なのだろうか。それを探るために過去の一軍戦の成績を振り返ってみようと思いました。

    特に全国を目指すために重要となる立命館、京都、神戸との結果をまとめました。

    対戦校

    2014

    2014

    2015

    2015

    2016

    2016

    対神戸

    61

    43

    52

    43

    16

    52

    対京都

    25

    34

    34

    16

    25

     

    対立命館

    16

    25

    16

    34

    16

     

    第二代表

    二回戦

    対京都

    23

    対京都

    25

    対京都

    23

    対立命館

    25

     

    対京都

    16

     

    表のとおり、ここ三年は5人制でも7人制でも京都、立命館に勝っていません。自分はこの3校との選手と対戦してダブルスコアに近い酷い成績でした。今年は主力として活躍されていた二名の先輩方が抜けられることもあり、ここで主将としての仕事が「自分が勝つこと」だと気付きました。相手が強豪校のエースであれ誰であろうと自分が勝たなければチームは負ける。そう考えて、今年は特に気合を入れて鍛錬を積んできました。しかし、今年の結果は勝負所で02という散々なものでした。ただ、今まで全然勝てなかったのは、努力が明らかに足りてなかったからだとようやくわかりました。

     

    最後に、戦犯という言葉について触れたいと思います。団体戦ではチームを負けにした者を指す言葉です。34の時の敗者に言われることが多いです。しかし、その時だけではありません。2516で負けた時も戦犯なのです。25で負けた時、あと1つ勝っていても34だから結局負けという話を耳にします。しかし、それはあくまで結果論です。早々に4敗を喫しない限りは負けとは言えないと思います。実際、一人の選手の勝敗が周りの選手へ及ぼす影響は大きいです。ここ数年、王座戦を見に行っていますが、逆転劇も結構あります。そして、33での残りの一局は観戦者も非常に多く、熱気に包まれたものになります。大逆転が起こっても不思議ではない雰囲気です。(まぁここできっちり勝っていくのが強豪校の選手ではありますが)つまり、1勝が1つの勝利以上の価値を持つということです。逆に言えば、1敗が1敗以上の価値を持つということにもなります。団体戦ならではの現象です。目の前の勝利によりこだわっていく必要があると感じました。

     

    今年も変化があると予想される関西学生将棋界に主将、部長のもと協力して全国出場という目標を成し遂げましょう。

     

     

    | 阪大将棋部♪ | - | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 22:05 | - | - | - | - |









      http://handaishogibu.jugem.jp/trackback/2037
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE