阪大将棋部 雑兵日記

明道館 雑兵共の 夢の跡
<< 秋期一軍戦 | main |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    第二代表決定戦 結果
    0

      主将の藤井です。11/26に行われた第二代表決定戦の結果です。

      (敬称略、阪大が左)

       

      対京都大学

      矢野智―村上 (○)

      坪井―細川  (○)

      香月―河合  (●)

      大中―宮越  (○)

      藤井―林   (●)

      百々―小林  (●)

      玉柏―金谷  (●)

       

      惜しくも3-4負けで、王座戦出場を逃しました。

      完全に総力戦で、十分勝機もあっただけに本当に残念です。

       

      今回の一軍戦を振り返っていきます。

      初日は主力も数名不在の中、3連勝と快調な出だしでした。

      特に京都大学に勝利したのは賞賛に値するでしょう。

      全員が普段以上の力が発揮していて、非常に頼もしかったです。

       

      このため、2日目の初戦立命戦は、勝てば優勝に大きく近づく大一番となりました。

      オーダーは少し予想が外れましたが、1,6,7将で見事3勝をあげて、あとは僕が勝てばチーム勝ちの状況になっていたそうですが(対局後知りました)、あと一歩及ばず3-4負け。

      1勝の差で代表を逃すとは…改めて1勝の重みを感じましたね。

      しかし、ここまで追い込めたのは相当自信に繋がったのではないでしょうか。

      次の市大戦は5-2と危なげなく勝ちA級2位となり(4年ぶりだそうです)、お馴染みの第二代表決定戦に進み、再び京大と代表権を争うことに。

       

      今回は1度京大に勝利しているので、相手も本気でくるだろうとは思っていました。オーダーは予想通りで、かなり最善に近い当たりだと感じました。(結果的には下の方を少し変えていれば…という気持ちはありますが)

      結果は1,2,4将勝ちの3-4負け。惜しかったですが、本当にみんな強いなあ…と思いました。この1局に賭ける思いが伝わってきました。勝勢の将棋を1手で台無しにした自分が情けないです。

       

      二度の勝負所で敗れ、王座戦代表は逃しましたが、いつもの一軍戦以上に収穫があったのではないか思います。今回ほぼフルで出てもらった人、1局程度しか出せなかった人もいますが、各々何か感じ取ったものがあると思うので、その気持ちを忘れず、また次の大会に向けて頑張りましょう。

      | 阪大将棋部♪ | 一軍戦結果など | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 01:08 | - | - | - | - |









        http://handaishogibu.jugem.jp/trackback/2061
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << January 2018 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE