阪大将棋部 雑兵日記

明道館 雑兵共の 夢の跡
<< 自己紹介:吉澤海都 | main | 春期一軍戦振り返りと富士通杯に向けて >>
マジメだけどマジメじゃない(自己紹介 笠原聡士)
0

    こんにちは。入学してからの3ヶ月でまだ1回しか授業を休んでいない、阪大将棋部屈指のマジメ君こと笠原聡士です。これまでの18年6ヶ月の人生をずっと笑いの本場大阪で過ごしてきたにもかかわらずユーモアのセンスがないのは、このマジメな性格が災いしてのことかもしれません。医学部医学科に所属していますが、医学に特に興味がある訳ではありません。むしろ一番好きな科目は日本史です。センター日本史は余裕で満点でした。二次試験を日本史化学選択で受験したいと主張するキチガイ受験生は全国を探しても他に類を見なかったでしょう。なんで文系に進まなかったんだ?

    将棋を始めてからかれこれ10年以上も経ちました。中学入学以降は生粋の振り飛車党です(それ以前については記録も記憶も無いため不明です)。24の最高レートは2237ですが、受験が終わって200くらい落ちました。当面の目標は早く四段に復帰することです。最近は形で将棋を指す癖がついてしまっているので、センスだけでなく読みの力もつけたいです。でも、詰め将棋が解けない時の苦しさが大嫌いな自称詰め将棋初段なので、詰め将棋以外で読みの力を鍛える勉強法が欲しいです。

    医学部卓球部も兼部しています。マジメなので週3回の部活には顔を出したいと思っていますが、土曜日に将棋部の研究会があれば基本的に将棋を優先します。卓球部は将棋部と違って男女比1:1なので、そっちで彼女を捕まえることを企んでいますが、その前に6年間の男子校生活で培ったコミュニケーション障害を治す必要があると思っています(顔に関しては、「メガネを外したら急にイケメンになる」という評価を複数人から頂いているのであまり心配していません)。

    勉強はあまり好きじゃないです。授業中に将棋クエストを指すのが日課です。指しすぎていつの間にか六段まで上がってました。負けると大声を出して悔しがりたくなる衝動を必死に抑えますが、たまにぼやきや舌打ちが漏れて周囲から白い目で見られることがあります。スマホを家に忘れると授業中暇になるので授業に出る気が無くなります。僕のマジメさはスマホに支えられているのです。

    師匠はウェイを装っていらっしゃる宮屋敷先輩です。師匠の序盤研究と切れ味鋭い踏み込みにはいつも苦しめられます。先日のリーグ戦では居飛車を指してボコボコにされました。大人しく相振りにしなかったことを深く後悔しています。

    医学部は6年制なので、留年する(ことが期待される)森本君や水谷君と一緒に1軍戦で老害プレーした後に、一緒に卒業できることを楽しみに、今後も将棋を嗜みたいと思います。僕はマジメなので留年しません。当然です。

    それでは次の自己紹介は白井君です。よろしくお願いします。

    | 阪大将棋部♪ | 自己紹介 | 15:54 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 15:54 | - | - | - | - |
      イケメンで真面目な君なら彼女ができるのなんて一手スキぐらいでしょう。師匠も詰将棋は苦手だから一緒に頑張ろう
      | 師匠 | 2018/06/29 11:04 PM |









      http://handaishogibu.jugem.jp/trackback/2073
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE